プラダブランドについて

皮革製品店としてマリオ・プラダが立ち上げた「プラダ」は、1913年から現代まで続いているメーカーです。

ブルジョアからの評価が高く、高品質の皮を使用した製品は、やがてイタリア王室御用達になり、飛躍的に知名度を高めていきました。

高い技術力を誇るイタリアの職人たちが丁寧に作り上げています。

マリオがこの世を去った1958年を過ぎると、今度は娘が事業を引き受けましたが、人気は少しずつ衰えていきました。

その後、オーナー兼デザイナーに孫のミウッチャ・プラダを起用したことで、一気に人気が加速しました。1978年のことでした。

「ポコノ」と呼ばれる工業用防水ナイロン素材は、もともとマリオのトラベルバッグに使われており、これが日本や米国などの有名市場でブレイクしたのです。

また、ロゴプレートと呼ばれる逆三角形のアイテムも評判です。

今では、パトリッツィオ・ベルテッリ(ミウッチャの夫)がプラダグループのトップに君臨し、「ミュウミュウ」などの姉妹ブランドを誕生させるなど、事業を大きく進展させています。

プラダのアイテムは、シンプルなのに奥が深いのが特徴で、長年身に付けても飽きないと言われています。

男性・女性に関係なく、世界中から注目されています。